周辺情報

高澤観音(高澤古道=トレッキングコース)

陽がほらの近くには通称「高澤観音」と呼ばれている日龍峯寺(にちりゅうぶじ)というお寺があります。

本堂は京都の清水寺の本堂によく似た舞台造りで美濃清水とも呼ばれています。 境内にはほかにも国の重要文化財にも指定されている多宝塔(鎌倉時代、時の尼将軍・北条政子によって建立された)や天然記念物の千本桧などもあります。

高澤古道登り口看板

高澤古道、登り口看板。古道の入り口は少しわかりにくいのでご注意ください。

車でならおよそ15分で到着する距離ですが、おすすめは古道を歩くトレッキングコース。

陽がほらから峠道を歩くこと約15分で高澤古道の登り口に到着します(車でなら2~3分。古道登り口付近に車1~2台の駐車スペースあり)。

落ち葉でふかふか

この古道は落ち葉でふかふかのとっても歩きやすいトレイルになっています。 古道登り口から日龍峯寺本堂までおよそ40~50分。ゆっくり歩いて1時間弱。 陽がほらから歩いても片道約1時間強(上でゆっくりすると往復3時間くらい、かな?)の気持ちのいいトレッキングコースです。 お手軽とはいえもちろん足元はできればトレッキングシューズ、どんなに軽装でもスニーカーくらいは履いて歩いてくださいね。

怪我や事故のないよう気をつけて古道トレッキングをお楽しみください。

美濃和紙あかりアート展

あかりアート

岐阜県美濃市は日本の代表的な手すき和紙の産地です。 その美濃和紙を使った和紙あかりのアート展が毎年一度美濃のうだつの町並みを彩ります。

あかりアート(美濃市観光協会)

ご予約・お問い合わせフォームへ 0575-35-0250

Page Top